忍者ブログ

2018-09-20(Thu)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015-10-20(Tue)

カラコンの製法と種類!

カラコンの製法と種類!



カラコンは、今ではほとんどの
モデルさんや芸能人も
愛用していますが、付けるだけで
可愛くなれちゃうアイテムなので、
手放せない必需品ですよね。



今大人気のカラコンですが、
みなさんはカラコンを選ぶときに、
そのカラコンの製法を気にして、
買ったことはありますか??


これってかなり重要で、目のためにも
お買いになるときには、
チェックしてみてくださいね。



カラコンはメーカーや種類で、
その製法は異なりますが、製法の違いで
メリットやデメリットがあります。



今日は、カラコンの製法別での
メリットやデメリットを
紹介していきますね。


●サンドイッチ製法のメリット

サンドイッチ製法は、色素を
レンズとレンズで挟み込んで
カラコンを作成するもので、色素が
直接眼球に触れないので、
目の炎症などを起こす可能性が
低くなります。


●サンドイッチ製法のデメリット

2枚のレンズを挟むので、
レンズが若干厚めになるので、
装着時に多少の違和感があったり
する場合があります。
最近では薄い物もドンドン
開発されています。


●スピンキャストモールド製法のメリット

回転する円形のくぼみの中に、
液体状のレンズの素材を流し込み、
遠心力をかけてレンズを作る製法で
サンドイッチ製法に比べて、
中心部が薄めになっていて、
着色料が遠心力でレンズの中に
閉じ込められているので、直接、
目に触れる心配がありません。


●スピンキャストモールド製法のデメリット

不良品だったり、壊れたりして
着色料が目に流れてしまう
可能性があります。


●フルキャストモールド製法のメリット

サンドイッチ製法の後に開発された物で
1枚のレンズの中に着色レンズを
包み込むように入れた製法で、
しっかりコーティングしていて、
着色料が漏れて目の角膜に付く
可能性が低くて、サンドイッチ製法に
比べて、厚みが薄くて、
着け心地が良いです。


●フルキャストモールド製法のデメリット

かなり精密な技術が必要なので、
費用がかかってしまします。



その他にも色々な製法がありますので
公式販売サイトでお確かめくださいね。




もっと詳しい情報はコチラ
≪送料無料≫限定カラコン独占発売!
大人可愛いが人気のヒミツ!
派手すぎないキラキラうるうる
魅力的な瞳に変身





PR